So-net無料ブログ作成
名曲解体新書 ブログトップ
前の1件 | -

What's Going On -- 上物編 [名曲解体新書]

さて、土台ができましたのでその上物を探ってみましょう!



先ずは”完成形”を聴いて見て下さい。
コレは’98年に発売されたオリジナルアルバムのバージョンです。

What's Going On 






超ざっくりとですが、定位の関係を図にするとこんな感じでしょうか・・
teii.jpg


実は、ベスト盤の音源を最初に聴いたのですが、
ソレはもっとモノラル感の強いMixとなっていました。
時代に合わせて、この参考音源では擬似ステレオMixとしたのでしょうね。
素材、特にDrumsがモノラルですから・・・





さて、主要な上物のトラックは以下のものとなります。

Gtr 1 (5)
Gtr 2 (6)
Piano (12)
Sax (13)
Strings 1l (14)
Strings 2r (15)
Strings 3m (16)



では、それぞれ聴いてみましょう!!

Gtr 1 (5)

コレはベーシックトラックでの演奏ですね。
良い感じのカッティングです。



Gtr 2 (6)

オーバーダブですね。
トーンを変えて音に変化を持たせているようです。
僕なら2つのギターを左右に振ってしまいたい所ですが、2本とも左定位となっているようです。



Piano (12)

コレは意外でした。
このフレーズはMixしたものを聴くとピアノっぽく感じなかったのですが
マービンさんがPlayしていたんですね。
音の被りから次のSAXトラックと同時録音しているようですね。




Sax (13)

コレは強力なフレーズですね。
素晴らしいです!!




そして、豪華にもStringsに3トラック使用しています。
Strings 1l (14)

  マイキングが近いのか後半部分でノイズが少々・・・
  オーケストラ奏者とのソノ感覚がPOPSとでは違うみたいです。
  マイクの位置が楽器に近くて演奏しにくいと言った話を聴いたことがあります・・・


Strings 2r (15)



Strings 3m (16)




セッション風景
Gaye_What's_Going_On_sessions.jpg

この写真を見る限り四重奏では無いようですね。
左端にコントラバスがもう一本写っています・・・
アレンジャーがスコアを見ながら指示を出し、マービンさんはポケットに手を突っ込んで余裕の仕草です。
多分、録音作業の最終段階なのでしょう・・・





さて、次は上物トラックとリズムトラックをMixしてみたいと思います。
オケの完成ですね!

一応、原曲を参考にとは思っていますが・・・
多分、好き勝手Mixとなるでしょう・・・(笑)





What's Going on: Remastered

What's Going on: Remastered

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Motown
  • 発売日: 2003/01/14
  • メディア: CD







nice!(30)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の1件 | - 名曲解体新書 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。